微笑む男性

頭痛をすっきり解消しよう【今までの辛い悩みとさよなら】

慢性の痛みはまず内科へ

笑顔の男性

市販薬で本当に大丈夫か

頭痛の中でも特に患者数の多いものに偏頭痛があります。しかし偏頭痛を持っている人でも、病院へはなかなか行けずに普段は我慢して済ませていることも多いとみられます。最近では、ドラッグストアに行けばどれを選んでよいか迷うくらいたくさんの種類の頭痛薬が並んでいます。効き目の速さが売りというもの、生薬を使っていて体に優しいというもの、眠くなる成分を含まないものなど、頭痛薬といっても用法・特徴・価格など実にさまざまです。特に仕事を持っていて忙しい人の場合など、病院が開いている時間に仕事が終わらないなどの理由でドラッグストアに立ち寄り、そうした市販薬を買って頭痛をやり過ごすことも多いようです。「ドラッグストアで買うとはいっても、薬剤師にちゃんと相談して買っているから大丈夫」という人もいますが、それは病院で医師に症状を詳しく説明し、必要ならば検査を受けて最も適した薬を処方してもらうのとはわけが違います。特に頭痛が頻繁に起こるという人が市販薬を常用するのは体に良くありません。やはり一度きちんと診断を受けることが大切です。

急性の痛みは脳神経外科へ

偏頭痛のような頭痛は慢性的に起こるものですが、頭痛の中には急性のものもあります。たとえばくも膜下出血などがそれにあたりますが、そういった急性の痛みの場合には頭の内部で出血が起こっていることがあるため、溜まった血を抜く手術が必要になる場合があります。したがって、急性でしかも痛みの激しい頭痛の場合には、頭痛専門外来や脳神経外科などの病院に行くことをおすすめします。一方、偏頭痛のような慢性的な頭痛の場合には、一般の内科でも診療を受けることができます。慢性的な痛みの場合、脳の血管の収縮や拡張などが原因であったり、ストレスがきっかけで発症したりすることが多いので、内服薬を服用したり生活習慣を変えたりすることで改善が可能だからです。慢性的な頭痛にもいくつかのタイプはありますが、医師であれば比較的容易に診断のつくものなので、必ずしも精密な検査機器を備えた大きな病院を受診する必要はありません。まずは自分のかかりつけ医や近所の内科など、行きやすい病院で相談してみるとよいでしょう。

Copyright© 2016 頭痛をすっきり解消しよう【今までの辛い悩みとさよなら】All Rights Reserved.