微笑む男性

頭痛をすっきり解消しよう【今までの辛い悩みとさよなら】

日本人に多い頭が痛む症状

悩む女性

頭が痛いときの原因とは

頭痛で悩む人は、日本には多くいます。頭痛を起こす病気は多種多様であり、原因も様々です。なかには放置すると危険な病気も含まれており、すぐに病院で治療が必要な場合もありますので、たかが頭痛と考えないようにすることが重要です。頭痛の中で多いのは、慢性頭痛です。片頭痛や緊張型頭痛がこれに含まれます。片頭痛の原因は、頭の血管が拡張することにより、周辺の神経を刺激し炎症を引き起こすことにあります。ゆっくりと痛くなるのが特徴で、これを防ぐには適度な睡眠と規則正しい生活が求められます。緊張型頭痛は輪でしめつけられるような痛みが、毎日続くのが特徴です。日常生活にも支障がある場合がありますので、病院に受診することが勧められます。その他に頭痛を起こす病気としては、脳腫瘍や下垂体腺腫、髄膜炎、硬膜下血腫などが挙げられます。脳腫瘍は持続する吐き気を感じることがあり、下垂体腺腫では視神経に影響を及ぼすため、視野欠損(視野が欠けること)が出る場合があります。いずれの病気も生命に関わる重大な疾患ですので、すぐに病院に相談するようにします。

専門外来が人気

現代社会では、仕事のみならずプライベートでもパソコンやスマートフォンなどの画面を見ることが多く、眼精疲労からの頭痛もよくみられます。また、様々な要因により各人にかかるストレスも大きくなっており、それらからくる不眠や不規則な生活を背景とした頭痛も存在します。市販の痛み止めの薬を使用している人も多いですが、痛み止めの薬を長い間連用していると、薬に含まれる成分がかえって頭痛を強めてしまう事例が知られています。このため、痛み止めの薬を使用して一時的に痛みから解放されても、根本的な解決にはならない場合があります。しかし、日常的に頭痛が続くと日常生活や社会活動にも影響を及ぼしてしまうケースも、少なくありません。しばらく市販の痛み止めの薬を使用しても、症状が頻発するようなことがあれば、病院に相談することが勧められます。病院では原疾患によって内科や脳神経外科などの選択肢がありますが、原疾患が無いにも関わらず症状が出る場合には、専門外来である頭痛外来があります。この専門外来にかかって症状が軽くなったというケースも多く、人気があります。

Copyright© 2016 頭痛をすっきり解消しよう【今までの辛い悩みとさよなら】All Rights Reserved.